-STAFF INTERVIEW-

兄弟で幸生堂薬局に入社している2人にインタビューしました

2005年 入社

​常務取締役

​藤本 幸紀(兄)

(薬剤師)

大手チェーン薬局から幸生堂薬局に転職して来られましたが、どういったことが決め手となりましたか

前職では総合病院の門前薬局として様々な処方せんを応需し、患者対応を経験してきました。

​店舗の責任者としての経験も積ませていただきました。しかし、大手チェーンであるからこそ、いち薬剤師という存在から脱することのできないもどかしさに悩んでいました。

「今までしたことのない仕事がしたい」そんな思いで転職活動をしていました。

数社面接を受けましたが、ほとんどの会社が「管理薬剤師を任せたい」といった待遇でしたが、福本社長は違いました。「本部スタッフとして色々な仕事をしてほしい」といった内容で具体的な仕事は決まっていませんでした。逆にそのファジーな部分に魅力を感じました。

藤本さんが入社されてから随分店舗が増えましたが、ご苦労された点または嬉しかった(思い出に残る)事はありましたか

入社して驚いたことは、本社にほとんど人員が居ないという事です。

私が入社した当時は7店舗が営業していましたが、本社には社長のほかに事務員が1人おられただけでした。

その中で「総務」「経理」「人事」「営業」「開発」といった全ての業務がこなされていました。その中で自分で出来そうな業務を見つけお手伝いする事から始め、それと並行し店舗での業務も行い、他の従業員とのコミュニケーションを図りました。

本社での仕事も少しづつ覚えてきた頃、店舗での業務を支える様々な仕事があることが分かりました。

例えば、薬局を開設するときの様々な届出、薬剤師に関する届出、医師との薬の打ち合わせ、求人など今まで経験したことのない業務がたくさんありました。分からない事は役所に聞いたりして何とかこなしていく事が出来ました。

​今までで一番苦労した事は面接を実施する事です。かなりの人見知りでしたので、面接はかなりハードルの高い業務でした。約10年でかなりの数の薬剤師、事務員の面接を行ってきましたので慣れてきましたが、初めは何を話したらいいのか全く分からない状態でした。

嬉しかった事は、Doctorからの個人的な内容でお電話をいただいた事です。門前のDoctorから直接携帯に電話をもらうことがあるのですが、多くの場合が診療報酬に関する事やクレームなど業務に関係する事がほとんどです。しかし、Doctorから業務に関係のないプライベートな事の相談の電話があった事が嬉しかったです。自分の事を信頼してもらっていると実感できました。

今でも店舗で働かれていますが、幸生堂薬局の魅力はどういったところでしょう

幸生堂薬局は病院門前ではなく、クリニック門前への出店が多く、患者様、医師、薬局の距離が近く保てるところが魅力です。特に新規開業で同時オープンした店舗はクリニックスタッフとの関係が良好です。クリニックとの関係が良好だと患者様にも薬局の印象が良くなり、患者数増加に良い影響があります。患者様が顔や名前を覚えてくれて、薬局外で声を掛けてもらえると嬉しくなります。

のちに薬剤師である弟さんも幸生堂薬局に入社されましたが、兄弟で同じ職場というのはどのような感じでしょう

身内に限らず、知り合いを紹介して同じ職場で働くというのは、安心して紹介できるといった職場だからと思います。

メリットとして、身内が社内にいる事は安心感もありますが、自分の立場上、身内であることは意識せず接するように心掛けています。

​デメリットは冠婚葬祭事が重なってしまうという事です。

幸生堂薬局の魅力と求職者の方にメッセージをお願いします

幸生堂薬局には中途入社のスタッフがたくさんいます。もちろん、調剤未経験の方もいらっしゃいます。そういった方でも店舗での研修を通じて経験を積んでいただいています。やる気のある方でしたら、

どんな形でもサポートします。きっと楽しい職場を実感してもらえるはずです。

2012年 入社

​店舗開発副部長

​藤本 秀寿(弟)

​(薬剤師)

いつも笑顔なので周りの私たちも癒されています。仕事は楽しいですか?

もちろん楽しいです(笑)毎日業務内容は同じことですが、スタッフや色んな患者様とお話しする事を楽しみに働いています。

一緒に働いている人、ご利用いただく患者様、そして薬局に関係する皆さんが笑顔になるようにと思いながら、私自身も笑顔で仕事させていただいてます。

色々な店舗で働かれていますが、どこの店舗のスタッフとも仲良くされて楽しそうに見えるのですが、なにか心掛けていることはありますか?

ぼくは誰とでも話しをする事ができるところが長所だと思っています。どこの店舗に行ってもスタッフの皆さんが気さくに話しかけてくれるので、自分も気さくに話しもしやすいです。

​心掛けていることは特にないですが、誰とでも共通の話題が持てるようにテレビやネットで情報収集して、話題をかかさないよう気に掛けている程度です(笑)

お兄さんの働かれていた会社に転職して来られましたが、幸生堂薬局を勧められたのですか?

​また入社してみて、どのような感想をお持ちですか?

前職で病院前の管理薬剤師を経験したことで自分にも少し自信を持てた時期に転職を考えていました。その時、ちょうど兄と会い転職の相談をしたのですが「一度面接に来る?」と軽い感じで勧められました。

前に一度転職をしていたので、転職に対する不安などもありましたが、身内が働いている会社ということで安心感が持てました。

入社してからは、仕事上「兄弟」という意識は持たず上司と部下という意識でいます。

二人とも仕事とプライベートは別だという意識でいますので、プライベートで兄と会った時は仕事の話しはしないように心掛けています。

幸生堂薬局の魅力と求職者の方にメッセージをお願いします

​本社をはじめ、幸生堂薬局は本当にアットホームな職場です。

​他社で人間関係に悩んだり、仕事に不満がある方は幸生堂薬局で一緒に働きましょう!おすすめですよ。

-KOSEIDO  PHARMACY-

ー幸生堂薬局ー

Copyright © Healthywork , All rights reserved.

  • グレーInstagramのアイコン